かわいいバッチフラワーレメディとは、英国人医師で細菌学者でもあったエドワード・バッチ博士によって1930年代に開発された自然療法。薬の力ではなく、野生の花や草木がもつ本質的なエネルギーで心と体を癒すというものです。「レメディ」という言葉は、直訳すると治療薬という意味ですが、「救済策」「解決方法」といった意味があり、元に戻すというニュアンスで使われています。バッチフラワーレメディは、私達の体が本来もっている免疫力を引き出すためにバッチ博士が作り出したものなのです。私達の心の奥底にある心の乱れを取り除き、体に起きている不調和を直すことが、本来の治療だというわけですね。何かとストレスの多い今、花や草木が持つ癒しの力を試してみたいと思いませんか。当サイトではバッチフラワーレメディの効果や使い方などをお伝えしたいと思います。

ストックボトルとトリートメントボトル

フラワーレメディは、ストックボトルトリートメントボトルのどちらかで使用することになります。ストックボトルとトリートメントボトルには、それぞれに特徴があるので、自分に合ったボトルを選んでレメディを使用しましょう。

ストックボトルとは、市販されている時にレメディが入っている小さな容器です。ストックボトルのレメディは38種類、レスキューレメディも合わせると39種類になりますが、一時的にマイナス感情になっている時や緊張状態になった時、気分転換したい時に、その時の感情に効果的な種類を1、2種類選んで服用します。

気分が落ち着くまで数回服用し、改善されたら服用はやめます。一度に使用できるレメディは6〜7種類までです。それ以上の種類を同時に服用しても、本来の効果は期待できませんから注意しましょう。

ストックボトルは、直射日光が当たらない涼しい場所で保存するようにします。梅雨の時期や真夏など、高温多湿が心配な時期は冷蔵庫で保管すると安心です。

トリートメントボトルはいくつかのレメディをブレンドして保存しておく容器です。常にマイナス思考になってしまう場合や、長期間続いているストレスを改善したい時に使用するためのものとなります。頻繁に服用する場合は、あらかじめトリートメントボトルでブレンドしておいた方が、ストックボトルから直接服用するよりも手軽に服用することができますよね。

また、ミネラルウォーターで薄めたものをトリートメントボトルに入れてバックに入れておけば、外出先の飲み物としても活用することができて便利ですよ。

トリートメントボトルの保存方法は、ストックボトルと同じです。暑い時期にはバックに入れっぱなし、なんてことがないように注意しましょう。
バッチフラワーレメディは、薬ではないので副作用は一切なく、化学物質や合成保存料も全く使われていないので病気で療養中の人や、妊婦さん、子供、お年寄りはもちろん、赤ちゃんまで安心して飲むことができます。

レメディは、ボトルについているスポイトを使って直接口から服用しても良いですが、抵抗がある人は、食べ物や飲み物に混ぜてとるといいでしょう。子供の場合でしたら、ジュースや牛乳、アイスクリームなどに混ぜれば簡単にとることができます。

おっぱいやミルクだけを飲んでいる赤ちゃんの場合はどうしたら良いでしょう。レメディに限らず、ミルクに他のものを混ぜると味が変わり、何も入れていないミルクを飲ませる場合でも拒否反応を示してしまう場合もあります。

レメディだけをそのまま服用させるのが良いですが、口に含ませると出してしまうことがあるかもしれません。そのような時は、ティースプーン1杯程度のお水に溶かして薄めてから、口に含ませるようにしましょう。スプーンは金属製ではなく、プラスティック製のものがおすすめです。このほうが、抵抗なくあげることができると思います。

それでも嫌がる赤ちゃんには、口からの摂取はあきらめて、首筋や手首にレメディを塗ってあげるといいでしょう。それだけでも十分に効果は期待できます。

体に塗る方法は、意識がない人にレメディを与える場合にも効果的なのです。意識がない時に口から摂取させるのは危険なので、レスキューレメディを唇や歯茎、首筋や耳の後ろ、手首などにすり込むようにして塗っていくと効果があります。
バッチフラワーレメディ効果は実際にはどのように表れるのでしょう。

レメディ薬ではありません。したがって、急激な変化が訪れるというものではありません。穏やかに変化していく場合が多いのです。すぐに治したいと焦らずに、ゆっくりと時間をかけて改善するつもりで使っていきましょう。

実際に改善していく例としては以下のような感じです。

・そういえば、問題であったことに対して囚われなくなっていた
・あまり気にしなくなった
・季節を感じ、自然に対して目をむけることができるようになった
・他のものに目が向けられるようになった
・今までとは違う考え方をしていた、違う見方をするようになっていた


もちろん個人差はありますが、自然に変化が起こってくるため気がつけば治っていた、という場合が多いのです。また、自分では気づかなくても、周囲の人がその変化に気づくこともあるようです。

バッチフラワーレメディは、まず表面の感情を癒していくと言われています。その後、隠れていた感情が表に表れ、さらにその感情をレメディで癒していく、といった効果の蓄積の結果、だんだんと本来の自分を取り戻していくのです。

緊急を要する時以外は、薬ではなく、まずはレメディを使ってみてはどうでしょう。自然の力で、ゆっくり治していくことができるなんて、理想の治療法とは思いませんか?

レメディは、6〜7種類合わせて使うことができます。自分に合ったレメディを選んでみてください。

アロマテラピーとどう違う?

フラワーレメディアロマテラピーは、どちらもよく理解していないとどうしても混同しがちです。作り方もそうですが、使い方や効果も違ったものなのです。

バッチ博士が開発した「バッチフラワーレメディ」は、心の乱れや否定的な感情に対して働きかけ、感情や精神のバランスを取り戻す自然療法です。

イギリスでは、ドラッグストアや空港などに日常的に置かれていて、人々の生活に密着したものになっていますが、日本ではまだそれほど馴染み深くはありません。そのことから、アロマテラピーと混同している人も多いのではないでしょうか。

フラワーレメディ
アロマテラピーはどちらも原料は植物ですが、作りかたは全く違います。

アロマテラピーに使われるアロマオイルは、植物の有効成分を抽出して作られます。その有効成分を嗅覚から吸収して、脳や皮膚に行き渡らせ、体に変化を与えていくのです。

一方、バッチフラワーレメディは、花のエネルギーを取り出して、そのエネルギーを直接体に取り入れるというものなのです。医学的な説明は難しいものですが、フラワーレメディは心に働きかけて、心と体のバランスを整え、免疫力を高めることによって体の中から健康にさせるというものです。

例えば、アロマオイルにも良く使われている「ワイルドローズ」があります。ワイルドローズとは西洋野ばらのことですが、アロマオイルではお馴染みのローズヒップとしてよく使われているものです。ローズヒップを使ったアロマオイルは、新陳代謝を活発にし、組織の損傷を回復して保護するといった効果が期待できます。お茶にすれば、ビタミンCが豊富で美容にも良いものとして知られています。

一方、レメディのワイルドローズは、服用すると、無力感やあきらめを感じている人に対して、人生は楽しいと感じることができるようにさせてくれます。つまり、物理的な効果ではなく、目には感じにくい精神面や感情に強く作用するのが、フラワーレメディなのです。

プラクティショナーになるには

普段からレメディを使っている人は、自分の健康のためだけでなく、家族のため、人のために役立てたいとプラクティショナーを目指しているという人も多くいます。

フラワーレメディのスペシャリストである「プラクティショナー」になるのには、国際登録されている資格を取得する必要があるわけですが、その流れを簡単にまとめてみましょう。

資格を取得するには、国際教育プログラムのレベル1からレベル3までの教育コースを修了しなければなりません。

レベル1を修了するためには、通常2日間の通学をする必要がありますが、レベル1のみ通信教育で受講することもできます。

レベル1は、フラワーレメディについての全体像を把握することが目的とされていて、レメディの基本的な使用法、レメディの概要、自分自身だけでなく、自分の身の回りの人々や植物、動物に対して、実際にどのように使うのか、レスキューレメディ、レスキュークリームの概要など、レメディに関する基本的な事柄を学んでいきます。実習として、トリートメントボトルの作成、また、バッチ博士の哲学についても勉強します。

レベル1を修了した後、レベル2へと進むことができます。レベル2ではレメディについての知識をさらに深め、日常生活の中でどんどん活用できるようになります。受講の申し込みは、レベル1の申し込みと同時に可能です。

レベル3は、レベル1と2を修了した人のみ受講することができ、アドバイザーとしての能力を高めるためのコースです。レベル2を修了した後、4ヶ月以上経過後に受講することができますが、修了するまでには約1年半〜2年程度かかります。

レベル3の内容は、レベル1と2よりも実践的な内容となっていて、積極的な参加意識と知識が必要です。レベル3は、パート1〜3までに分かれています。

パート1は、東京で4日間セミナーを受けます。講義や実習、ディスカッションをする内容で、4日目には筆記試験があり、合格点に満たない場合は追加試験を受けることになります。

パート2は、自宅で課題を行うことになります。3ヶ月間で提出しますが、課題された内容が不充分な場合、追加課題の提出が必要です。

パート3では、実際に他の人に対してカウンセリングを行い、そのケーススタディをまとめたものと、決められたテーマについてまとめたものの小論文を提出します。ケーススタディは4例必要で、カウンセリング対象者は自分で探すことになります。

レベル3まで修了するには豊富な知識と実践力が必要です。また、時間とお金も要するのでなかなか大変なことかもしれません。しかし、卒業後はバッチ財団公認プラクティショナーとして国際登録することができ、直接クライアントから連絡を受けて実務規約に則ってカウンセリングすることができます。

自分で使うためのみの目的であれば、レベル1、2で充分かもしれませんが、人の健康のためにも活動できるプラクティショナーは、とても魅力的な仕事です。時間と手間をかけても、受講する価値はあるでしょう。是非チャレンジしてみてください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。