かわいいバッチフラワーレメディとは、英国人医師で細菌学者でもあったエドワード・バッチ博士によって1930年代に開発された自然療法。薬の力ではなく、野生の花や草木がもつ本質的なエネルギーで心と体を癒すというものです。「レメディ」という言葉は、直訳すると治療薬という意味ですが、「救済策」「解決方法」といった意味があり、元に戻すというニュアンスで使われています。バッチフラワーレメディは、私達の体が本来もっている免疫力を引き出すためにバッチ博士が作り出したものなのです。私達の心の奥底にある心の乱れを取り除き、体に起きている不調和を直すことが、本来の治療だというわけですね。何かとストレスの多い今、花や草木が持つ癒しの力を試してみたいと思いませんか。当サイトではバッチフラワーレメディの効果や使い方などをお伝えしたいと思います。

トリートメントボトルの作り方

フラワーレメディは「トリートメントボトル」でよく使われます。トリートメントボトルとは、何種類かのレメディを混同して保存しておく容器で、携帯するのにとても便利なものです。

自分に合ったレメディを選び、自分だけのトリートメントボトルを作ってみましょう。

作り方は以下のような感じです。

まず、30mlのスポイト付きトリートメントボトルを用意します。次にボトルの中に、ミネラルウォーターを入れます。水道水には不純物が多く含まれているため適しません。蒸留水も避けた方が良いでしょう。市販のミネラルウォーターなら何でも良いです。そして、好みのレメディを6、7種類程度、それぞれ2滴(レスキューレメディの場合は4滴)を入れます。保存のために、ブランデーかビネガーを小さじ1杯程度入れておきます。作ったレメディは、3週間程度で飲みきるようにしましょう。1日4回、4滴ずつ服用すると、ちょうど良く使いきることができます。

トリートメントボトルは、保管場所にも気をつけます。高温多湿の場所は避け、くれぐれもバックに入れたままにしておかないように注意しましょう。

トリートメントボトルを新しく作り直す場合は、ボトルを綺麗に洗浄して煮沸消毒しておく必要があります。水洗いだけでは、今まで入っていたレメディのエネルギーがボトルに残っている場合がありますので、衛生的に使用するためにも、面倒でもしっかりと消毒しておきましょう。スポイトの消毒も忘れてはなりません。シリコンゴムの部分は取り外し、瓶と一緒に煮沸消毒しておきます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。