かわいいバッチフラワーレメディとは、英国人医師で細菌学者でもあったエドワード・バッチ博士によって1930年代に開発された自然療法。薬の力ではなく、野生の花や草木がもつ本質的なエネルギーで心と体を癒すというものです。「レメディ」という言葉は、直訳すると治療薬という意味ですが、「救済策」「解決方法」といった意味があり、元に戻すというニュアンスで使われています。バッチフラワーレメディは、私達の体が本来もっている免疫力を引き出すためにバッチ博士が作り出したものなのです。私達の心の奥底にある心の乱れを取り除き、体に起きている不調和を直すことが、本来の治療だというわけですね。何かとストレスの多い今、花や草木が持つ癒しの力を試してみたいと思いませんか。当サイトではバッチフラワーレメディの効果や使い方などをお伝えしたいと思います。

人や周囲に敏感すぎる

フラワーレメディ7つのカテゴリー、7個目は「人や周囲に敏感すぎる」です。この、「人や周囲に敏感すぎる」に効果的なレメディとはどういったものがあるでしょうか。

敏感すぎるといってもいろいろなタイプがあるでしょう。タイプによって効果のあるレメディも違ってきます。タイプ別に効果的なレメディをご紹介します。

セントーリー
人に対して「ノー」と言えず、人の言いなりになってしまったり、利用されてしまったり、といった場合に効果的なレメディです。このレメディを使えば、自分を大切にし、主体性を持って行動できるようにさせてくれるでしょう。たとえば、いじめにあっているお子さんにも効果的に働いてくれます。

ウォルナット
ウォルナットは、古いしがらみや固定概念、古い習慣などに影響されやすく、新しい状況に順応しにくいという人に効果的です。このレメディは、人生の節目や、新しい環境に直面した時に役立つレメディといえます。気分の浮き沈みの安定や、自分を縛っている古い絆や習慣を打破する手助けをしてくれるでしょう。

ホリー
人への嫉妬感が強かったり、猜疑心や攻撃心を感じてしまったりする人に効果的です。このレメディは、人に対する怒りや憎しみ、妬みの心を癒してくれる働きを持っています。相手に素直な気持ちで接することができるようになるので、人間関係も良くなるでしょう。

アグリモニー
本当は不安や悩みを感じているのにも関わらず、常に自分は全てうまくいっているようなふりをしてしまったり、人の世話を焼いたりしてしまう人に効果的なレメディです。不安や緊張を和らげてくれ、真実と向き合うことができるようになります。

無理をすることなく、自然体で過ごせるようになり、気持ちが楽になるでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。