かわいいバッチフラワーレメディとは、英国人医師で細菌学者でもあったエドワード・バッチ博士によって1930年代に開発された自然療法。薬の力ではなく、野生の花や草木がもつ本質的なエネルギーで心と体を癒すというものです。「レメディ」という言葉は、直訳すると治療薬という意味ですが、「救済策」「解決方法」といった意味があり、元に戻すというニュアンスで使われています。バッチフラワーレメディは、私達の体が本来もっている免疫力を引き出すためにバッチ博士が作り出したものなのです。私達の心の奥底にある心の乱れを取り除き、体に起きている不調和を直すことが、本来の治療だというわけですね。何かとストレスの多い今、花や草木が持つ癒しの力を試してみたいと思いませんか。当サイトではバッチフラワーレメディの効果や使い方などをお伝えしたいと思います。

寂しさ・孤独

バッチ博士が開発したフラワーレメディ7つのカテゴリーの5つめは「淋しさ・孤独」に対するレメディです。

ウォーターバイオレット
ウォーターバイオレットは、プライドと優越感が邪魔をして、周囲の人とうまく人付き合いができない人に効果的なレメディです。かたくなな心を和らげてくれ、人とのコミュニケーションを楽しむことができるようになります。バランスのとれた人間関係を作ることができ、自分の世界を広げることができるでしょう。

インパチェンス
短気で落ち着きがなく、イライラしやすい人に効果的なレメディです。忍耐力が強くなって、人の欠点にもいらだつことなく、余裕を持って行動できるようになります。家庭円満にもつながるでしょう。

へザー
へザーは、自分のことで頭がいっぱいで人の話を聞くことができない、いつも自分が注目を浴びていたいという人に効果的なレメディです。例えば、人の会話に割って入り自分の話題にもっていこうとしたり、自分が話をしたいために他人を無理に引き止めたりといったことをしがちな方は、このレメディを使えば、自然に他人のことも考えられるようになります。話し上手だけでなく、聞き上手にもなることができるでしょう。つまり、他人の意見を尊重することや、人に共感してアドバイスできるようになり、自分にも自信が持てるようになります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。