かわいいバッチフラワーレメディとは、英国人医師で細菌学者でもあったエドワード・バッチ博士によって1930年代に開発された自然療法。薬の力ではなく、野生の花や草木がもつ本質的なエネルギーで心と体を癒すというものです。「レメディ」という言葉は、直訳すると治療薬という意味ですが、「救済策」「解決方法」といった意味があり、元に戻すというニュアンスで使われています。バッチフラワーレメディは、私達の体が本来もっている免疫力を引き出すためにバッチ博士が作り出したものなのです。私達の心の奥底にある心の乱れを取り除き、体に起きている不調和を直すことが、本来の治療だというわけですね。何かとストレスの多い今、花や草木が持つ癒しの力を試してみたいと思いませんか。当サイトではバッチフラワーレメディの効果や使い方などをお伝えしたいと思います。

現実の事態への無関心

バッチフラワーレメディ、7つのカテゴリーのなかの「現実の事態への無関心」に分類されるレメディをご紹介します。

クレマチス
いつも上の空といった感じで、他のことをぼんやりと考えてしまう人に効果的なレメディです。現実の生活に疲れているならこのレメディを使えば、現実世界に興味が生まれて心をコントロールできるようになります。

ハニーサックル
このレまディは、過去にとらわれすぎ、いつまでも思い出に浸っていたり後悔ばかりしていたりする人に効果的です。過去の出来事に整理をつける手助けをしてくれるでしょう。

ワイルドローズ
このレまディは、無力感があり、現実では変えることができないと諦めている人に効果的です。病気や嫌な出来事を、それが運命だと受け入れようとしてしまうようなら、このレメディを使えば、人生を前向きに生きる力を取り戻してくれます。

オリーブ
心身共に疲労困憊していて、状況に適切に反応できない時に効果的なレメディです。疲労回復の手助けをし、リラックスできるようになります。

ホワイトチェストナット
心配事で頭が休まらない、考えすぎて眠れない、という人に効果的です。心配事や不安な気持ちを取り去ってくれます。

マスタード
このレメディは、これといった原因もなく憂鬱になったり、落ち込んで悲しい気持ちになったりする場合に効果的です。更年期の不安定な感情にも最適、明るさや喜び、幸福感を取り戻してくれます。

チェストナットバット
過去の過ちから学ぶことができずに、同じ間違いを繰り返してしまう人に効果的なレメディです。過去の失敗に対して注意深く考えられるようになり、同じ過ちを繰り返すことが少なくなるでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。