かわいいバッチフラワーレメディとは、英国人医師で細菌学者でもあったエドワード・バッチ博士によって1930年代に開発された自然療法。薬の力ではなく、野生の花や草木がもつ本質的なエネルギーで心と体を癒すというものです。「レメディ」という言葉は、直訳すると治療薬という意味ですが、「救済策」「解決方法」といった意味があり、元に戻すというニュアンスで使われています。バッチフラワーレメディは、私達の体が本来もっている免疫力を引き出すためにバッチ博士が作り出したものなのです。私達の心の奥底にある心の乱れを取り除き、体に起きている不調和を直すことが、本来の治療だというわけですね。何かとストレスの多い今、花や草木が持つ癒しの力を試してみたいと思いませんか。当サイトではバッチフラワーレメディの効果や使い方などをお伝えしたいと思います。

内心の不確かさ

7つに分類されたバッチフラワーレメディ。その中の「内心の不確かさ」に分類されたレメディには以下のようなものがあります。

スクレランサス
スクレランサスは、優柔不断で決断がなかなかできない、気持ちがころころと変化する、1つの話題に集中できずに、人と会話していても話しがすぐに飛んでしまう、などの症状がある時に効果的なレメディです。集中力を高め、どんな状況にあっても落ち着いて対応できるようになります。乗り物酔いにも効果があります。

セラトー
セラトーは自分の考えに自信がなく、いつも人の意見を求めてしまう人に効果的なレメディです。このタイプの人は、人の考えに影響を受けやすいので、知識をもっていてもそれを活かすことができません。セラトーは、自分の考えに自信を持たせてくれるレメディです。好奇心や学習意欲を旺盛にさせてくれる効果もあります。

ワイルドオート
ワイルドオートは、目的をはっきりと決めることができない、どうすればよいかわからない時に効果的なレメディです。はっきりとした方向性を導いてくれ、決断力もつけてくれます。生きがいが見つからずどうしたら良いか分からない場合にも効果的です。自分の可能性に気づかせてくれます。そして、それを活かしながら、人生に喜びと充実感を与えてくれます。

ホーンビーム
ホーンビームは、朝起きてもやる気が湧かなかったり、精神的に疲労感があるなどの症状がある時に効果的なレメディです。ホーンビームには、頭をスッキリとさわやかにしてくれる効果があり、物事に対して意欲が湧いてきます。弱っている植物にも効果的です。

ゴース
ゴースは、悲観的なことばかり考えてしまう、何をしても無駄だと思ってしまうという人に効果的でなレメディです。生きる希望を取り戻し、前向きに物事を考えられるようになります。病気療養中の人にもおすすめです。病気が治ると確信できるようになるので、回復への第一歩となるでしょう。

ゲンチアナ
ゲンチアナは、落胆していて気持ちが動揺していたり、憂鬱な気分になりやすい人や、くじけやすい人に効果的なレメディです。問題が起こっても、それにめげることなく、必ず克服できるという自信を取り戻してくれます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。