かわいいバッチフラワーレメディとは、英国人医師で細菌学者でもあったエドワード・バッチ博士によって1930年代に開発された自然療法。薬の力ではなく、野生の花や草木がもつ本質的なエネルギーで心と体を癒すというものです。「レメディ」という言葉は、直訳すると治療薬という意味ですが、「救済策」「解決方法」といった意味があり、元に戻すというニュアンスで使われています。バッチフラワーレメディは、私達の体が本来もっている免疫力を引き出すためにバッチ博士が作り出したものなのです。私達の心の奥底にある心の乱れを取り除き、体に起きている不調和を直すことが、本来の治療だというわけですね。何かとストレスの多い今、花や草木が持つ癒しの力を試してみたいと思いませんか。当サイトではバッチフラワーレメディの効果や使い方などをお伝えしたいと思います。

他人のことを気にしすぎる

対処したい感情によって分類された7つのカテゴリーのうち、「他人のことを気にしすぎる」といった感情に対処できるレメディには、どんなものがあるのでしょう。

ビーチ
「常に自分が正しいと思ってしまう」、「人の欠点に我慢できない」、「人の批判ばかりしてしまう」、という人に効果的なレメディです。このレメディを使うと、人の良いところが見えるようになり、謙虚な心や協調性が生まれてきます。

バイン
人に命令ばかりしてしまう、冷酷に権力を行使する、という人に効果的なレメディです。このレメディを使えば、人の考えを認めて気配りできる良いリーダーになることができます。

バーベイン
正義派で、「自分の考えを人に認めさせようとする」、「時には自分自身を犠牲にしてしまう」、という人に効果的なレメディです。人の考えを受け入れる気持ちが持てるようになり、自分の主張のためだけにエネルギーを使いすぎることもなくなるでしょう。

チコリー
このレメディは、独占欲が強く、常に人の関心を自分にひきつけようとする人に効果的です。このレメディを使うと、人に対して思いやりの気持ちが持てるようになり、見返りを期待せずに、人に安心感を与えることができます。

ロックウォーター
理想を過度に追い求めてしまい、「全て完璧でないと気がすまない」という人に効果的なレメディです。肩の力が抜けて柔軟な対応ができるようになります。人生に喜びを見出すことができ、より高い理想を実現することもできます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。