かわいいバッチフラワーレメディとは、英国人医師で細菌学者でもあったエドワード・バッチ博士によって1930年代に開発された自然療法。薬の力ではなく、野生の花や草木がもつ本質的なエネルギーで心と体を癒すというものです。「レメディ」という言葉は、直訳すると治療薬という意味ですが、「救済策」「解決方法」といった意味があり、元に戻すというニュアンスで使われています。バッチフラワーレメディは、私達の体が本来もっている免疫力を引き出すためにバッチ博士が作り出したものなのです。私達の心の奥底にある心の乱れを取り除き、体に起きている不調和を直すことが、本来の治療だというわけですね。何かとストレスの多い今、花や草木が持つ癒しの力を試してみたいと思いませんか。当サイトではバッチフラワーレメディの効果や使い方などをお伝えしたいと思います。

恐れと不安

バッチ博士が開発した「バッチフラワーレメディ」。バッチ氏が分類した7つのカテゴリーのうちの一つ「恐れと不安」に対するレメディをみてみましょう。

アスペン
アスペンは、原因が分からない漠然とした不安や恐れに効果的なレメディです。理由もなく不安や恐怖に襲われたり、怖い夢を見たり、暗がりが怖いといった症状に適していて、リラックスさせてくれる効果があります

ミムラス
ミムラスは原因が分かっている恐れや不安がある時、また恥かしがりやの人や、内気な人などに効果のあるレメディです。恐怖心を取り除き、心を穏やかにさせてくれる働きがあります。

ロックローズ
ロックローズはパニックになってしまうような、強い恐怖を感じている時に効果的なレメディです。ひどい暴力を受けた時や、突然の事故などによって引き起こされた肉体的、精神的ショックを解きほぐして、精神と自律神経機能を正常化させる働きがあり、緊急事態にも、冷静かつ柔軟に対応することができるようになります。

レッドチェスとナット
レッドチェスとナットは、愛する人や事柄に対して過度の心配を感じてしまう人に効果的なレメディです。家族の帰りが少しでも遅いと、いても立ってもいられなくなってしまうほど心配してしまうなど、心配性の人におすすめです。過剰な不安や恐れを取り除いてくれます。

チェリープラム
チェリープラムは、心の抑制がなくなり、自分をコントロールすることができなくなってしまう人に効果的はレメディです。失いかけた理性を取り戻し、感情をコントロールする手助けをしてくれます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。