かわいいバッチフラワーレメディとは、英国人医師で細菌学者でもあったエドワード・バッチ博士によって1930年代に開発された自然療法。薬の力ではなく、野生の花や草木がもつ本質的なエネルギーで心と体を癒すというものです。「レメディ」という言葉は、直訳すると治療薬という意味ですが、「救済策」「解決方法」といった意味があり、元に戻すというニュアンスで使われています。バッチフラワーレメディは、私達の体が本来もっている免疫力を引き出すためにバッチ博士が作り出したものなのです。私達の心の奥底にある心の乱れを取り除き、体に起きている不調和を直すことが、本来の治療だというわけですね。何かとストレスの多い今、花や草木が持つ癒しの力を試してみたいと思いませんか。当サイトではバッチフラワーレメディの効果や使い方などをお伝えしたいと思います。

植物にもフラワーレメディ

フラワーレメディは、花のエッセンスで私達の心と体のバランスを整え、体の中から健康にしてくれる自然療法だという事は、理解していただけていると思います。そしてフラワーレメディは人、やペットにも使えるという事もお伝えしました。

このフラワーレメディは、人やペットだけではなく、さらにもう一つ、植物にも使えるのです。植物の生育にも様々な良い効果があるんですね。

レメディには色々な種類があります。それらの中から植物の生育の状態や、症状に適したレメディを選んで与えることができます。

例えば、植え替えをした時や、枯れかかってしまった時、また、水やりを忘れたり、鉢を落としたりして植物の元気がなくなってしまった緊急事態などには、「レスキューレメディ」を与えましょう。レスキューレメディは植物が回復する手助けをしてくれるのです。

また、害虫の被害にあってしまった植物には、「クラブアップル」「アグリモニー」を与えましょう。害虫で弱ってしまった植物も元気を取り戻すことができます。

その他、「ホーンビーム」、「パイン」、「オリーブ」なども植物の生長を促進する働きがあります。

レメディの与え方ですが、バケツにお水を入れ、その中にレメディを10滴ほどたらします。この水を水やりする時に使うのです。スプレーで直接葉っぱにふきかけても効果があるでしょう。

花瓶に生けてある切花には「ワイルドローズ」や「ウォールナット」、「レスキューレメディ」を花瓶のお水の中に加えてあげます。こうするとお花が長持ちして、美しい状態で長く楽しむことができます。

フラワーレメディは自然素材からできているので、口に入れる植物、野菜やハーブにも安心して使うことができます。ペットや小さな子供がいるお家でも安心です。是非試してみてください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。