かわいいバッチフラワーレメディとは、英国人医師で細菌学者でもあったエドワード・バッチ博士によって1930年代に開発された自然療法。薬の力ではなく、野生の花や草木がもつ本質的なエネルギーで心と体を癒すというものです。「レメディ」という言葉は、直訳すると治療薬という意味ですが、「救済策」「解決方法」といった意味があり、元に戻すというニュアンスで使われています。バッチフラワーレメディは、私達の体が本来もっている免疫力を引き出すためにバッチ博士が作り出したものなのです。私達の心の奥底にある心の乱れを取り除き、体に起きている不調和を直すことが、本来の治療だというわけですね。何かとストレスの多い今、花や草木が持つ癒しの力を試してみたいと思いませんか。当サイトではバッチフラワーレメディの効果や使い方などをお伝えしたいと思います。

ストックボトルとトリートメントボトル

フラワーレメディは、ストックボトルトリートメントボトルのどちらかで使用することになります。ストックボトルとトリートメントボトルには、それぞれに特徴があるので、自分に合ったボトルを選んでレメディを使用しましょう。

ストックボトルとは、市販されている時にレメディが入っている小さな容器です。ストックボトルのレメディは38種類、レスキューレメディも合わせると39種類になりますが、一時的にマイナス感情になっている時や緊張状態になった時、気分転換したい時に、その時の感情に効果的な種類を1、2種類選んで服用します。

気分が落ち着くまで数回服用し、改善されたら服用はやめます。一度に使用できるレメディは6〜7種類までです。それ以上の種類を同時に服用しても、本来の効果は期待できませんから注意しましょう。

ストックボトルは、直射日光が当たらない涼しい場所で保存するようにします。梅雨の時期や真夏など、高温多湿が心配な時期は冷蔵庫で保管すると安心です。

トリートメントボトルはいくつかのレメディをブレンドして保存しておく容器です。常にマイナス思考になってしまう場合や、長期間続いているストレスを改善したい時に使用するためのものとなります。頻繁に服用する場合は、あらかじめトリートメントボトルでブレンドしておいた方が、ストックボトルから直接服用するよりも手軽に服用することができますよね。

また、ミネラルウォーターで薄めたものをトリートメントボトルに入れてバックに入れておけば、外出先の飲み物としても活用することができて便利ですよ。

トリートメントボトルの保存方法は、ストックボトルと同じです。暑い時期にはバックに入れっぱなし、なんてことがないように注意しましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。