かわいいバッチフラワーレメディとは、英国人医師で細菌学者でもあったエドワード・バッチ博士によって1930年代に開発された自然療法。薬の力ではなく、野生の花や草木がもつ本質的なエネルギーで心と体を癒すというものです。「レメディ」という言葉は、直訳すると治療薬という意味ですが、「救済策」「解決方法」といった意味があり、元に戻すというニュアンスで使われています。バッチフラワーレメディは、私達の体が本来もっている免疫力を引き出すためにバッチ博士が作り出したものなのです。私達の心の奥底にある心の乱れを取り除き、体に起きている不調和を直すことが、本来の治療だというわけですね。何かとストレスの多い今、花や草木が持つ癒しの力を試してみたいと思いませんか。当サイトではバッチフラワーレメディの効果や使い方などをお伝えしたいと思います。

フラワーレメディの赤ちゃんへの与え方

バッチフラワーレメディは、薬ではないので副作用は一切なく、化学物質や合成保存料も全く使われていないので病気で療養中の人や、妊婦さん、子供、お年寄りはもちろん、赤ちゃんまで安心して飲むことができます。

レメディは、ボトルについているスポイトを使って直接口から服用しても良いですが、抵抗がある人は、食べ物や飲み物に混ぜてとるといいでしょう。子供の場合でしたら、ジュースや牛乳、アイスクリームなどに混ぜれば簡単にとることができます。

おっぱいやミルクだけを飲んでいる赤ちゃんの場合はどうしたら良いでしょう。レメディに限らず、ミルクに他のものを混ぜると味が変わり、何も入れていないミルクを飲ませる場合でも拒否反応を示してしまう場合もあります。

レメディだけをそのまま服用させるのが良いですが、口に含ませると出してしまうことがあるかもしれません。そのような時は、ティースプーン1杯程度のお水に溶かして薄めてから、口に含ませるようにしましょう。スプーンは金属製ではなく、プラスティック製のものがおすすめです。このほうが、抵抗なくあげることができると思います。

それでも嫌がる赤ちゃんには、口からの摂取はあきらめて、首筋や手首にレメディを塗ってあげるといいでしょう。それだけでも十分に効果は期待できます。

体に塗る方法は、意識がない人にレメディを与える場合にも効果的なのです。意識がない時に口から摂取させるのは危険なので、レスキューレメディを唇や歯茎、首筋や耳の後ろ、手首などにすり込むようにして塗っていくと効果があります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。