かわいいバッチフラワーレメディとは、英国人医師で細菌学者でもあったエドワード・バッチ博士によって1930年代に開発された自然療法。薬の力ではなく、野生の花や草木がもつ本質的なエネルギーで心と体を癒すというものです。「レメディ」という言葉は、直訳すると治療薬という意味ですが、「救済策」「解決方法」といった意味があり、元に戻すというニュアンスで使われています。バッチフラワーレメディは、私達の体が本来もっている免疫力を引き出すためにバッチ博士が作り出したものなのです。私達の心の奥底にある心の乱れを取り除き、体に起きている不調和を直すことが、本来の治療だというわけですね。何かとストレスの多い今、花や草木が持つ癒しの力を試してみたいと思いませんか。当サイトではバッチフラワーレメディの効果や使い方などをお伝えしたいと思います。

フラワーレメディの効果の表れ方

バッチフラワーレメディ効果は実際にはどのように表れるのでしょう。

レメディ薬ではありません。したがって、急激な変化が訪れるというものではありません。穏やかに変化していく場合が多いのです。すぐに治したいと焦らずに、ゆっくりと時間をかけて改善するつもりで使っていきましょう。

実際に改善していく例としては以下のような感じです。

・そういえば、問題であったことに対して囚われなくなっていた
・あまり気にしなくなった
・季節を感じ、自然に対して目をむけることができるようになった
・他のものに目が向けられるようになった
・今までとは違う考え方をしていた、違う見方をするようになっていた


もちろん個人差はありますが、自然に変化が起こってくるため気がつけば治っていた、という場合が多いのです。また、自分では気づかなくても、周囲の人がその変化に気づくこともあるようです。

バッチフラワーレメディは、まず表面の感情を癒していくと言われています。その後、隠れていた感情が表に表れ、さらにその感情をレメディで癒していく、といった効果の蓄積の結果、だんだんと本来の自分を取り戻していくのです。

緊急を要する時以外は、薬ではなく、まずはレメディを使ってみてはどうでしょう。自然の力で、ゆっくり治していくことができるなんて、理想の治療法とは思いませんか?

レメディは、6〜7種類合わせて使うことができます。自分に合ったレメディを選んでみてください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。