かわいいバッチフラワーレメディとは、英国人医師で細菌学者でもあったエドワード・バッチ博士によって1930年代に開発された自然療法。薬の力ではなく、野生の花や草木がもつ本質的なエネルギーで心と体を癒すというものです。「レメディ」という言葉は、直訳すると治療薬という意味ですが、「救済策」「解決方法」といった意味があり、元に戻すというニュアンスで使われています。バッチフラワーレメディは、私達の体が本来もっている免疫力を引き出すためにバッチ博士が作り出したものなのです。私達の心の奥底にある心の乱れを取り除き、体に起きている不調和を直すことが、本来の治療だというわけですね。何かとストレスの多い今、花や草木が持つ癒しの力を試してみたいと思いませんか。当サイトではバッチフラワーレメディの効果や使い方などをお伝えしたいと思います。

レスキュークリーム

私達の心と体の癒しや、免疫力を高めてくれる自然療法「フラワーレメディ」ですが、レメディには、様々な種類があります。その中でも人気の高いものが「レスキューレメディ」です。

レスキューレメディというのは、不安になった時や緊張している時に、心に落ち着きを取り戻してくれるレメディですが、お肌に塗るタイプである、「レスキュークリーム」というものもあります。

レスキュークリームは、飲むタイプの物とは違い、日常的なお肌のケアに使う塗布用のクリームです。肌荒れやひび割れ、乾燥肌など、皮膚のタイプに関わりなく肌トラブル全般に使うことができます。また、これ以外に、切り傷や擦り傷、はれや吹き出物、じんましんなどにも効果的です。ヤケドや虫さされにも効果があり、虫さされでは、かゆみが治まり、掻き傷も残らないと好評です。

レスキュークリームには以下のようなレメディが含まれています。
・スターオブベツヘレム
・チェリープラム
・ロックローズ
・インパチェンス
・クレマチス

これら5種類のレメディの他に、クラブアップルも使われています。クラブアップルには浄化作用があるので、清浄剤して加えられてるのです。

動物性油脂は全く含んでおらず、使われているものはすべて体に優しい自然素材なので、赤ちゃんからお年寄りまで、年齢に関係なく安心して使うことができます。

唇にも塗ることができるので、リップクリーム代わりにも使えば、しっとりとしたぷるんとした唇になりますよ。

また、レスキュークリームはペットにも良いのです。様々な皮膚疾患を持っているペットは、意外に多いもの。舐めても安全なので、安心して使うことができます。

レスキュークリームは家庭に1本あると何かと重宝するものです。常に常備して、家族みんなで使うといいですね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。