かわいいバッチフラワーレメディとは、英国人医師で細菌学者でもあったエドワード・バッチ博士によって1930年代に開発された自然療法。薬の力ではなく、野生の花や草木がもつ本質的なエネルギーで心と体を癒すというものです。「レメディ」という言葉は、直訳すると治療薬という意味ですが、「救済策」「解決方法」といった意味があり、元に戻すというニュアンスで使われています。バッチフラワーレメディは、私達の体が本来もっている免疫力を引き出すためにバッチ博士が作り出したものなのです。私達の心の奥底にある心の乱れを取り除き、体に起きている不調和を直すことが、本来の治療だというわけですね。何かとストレスの多い今、花や草木が持つ癒しの力を試してみたいと思いませんか。当サイトではバッチフラワーレメディの効果や使い方などをお伝えしたいと思います。

フラワーレメディの使い方はいろいろ

バッチフラワーレメディの使い方はいろいろです。レメディは、体に優しい安全なものだけを使って作られています。したがって、病気療養中の人や赤ちゃんでも、安心して飲むことができるものです。

スポイトを使えば簡単に飲むことができますが、スポイトが直接舌に触れてしまった場合は、スポイトを水道水で良く洗ってからボトルに戻すようにしましょう。舌に触れてしまったスポイトには、口の中の雑菌がたくさん付いているからです。そのままボトルの中に戻すと、雑菌が混入して白カビが発生してしまう場合があります。レメディを良い状態で保存するために、スポイトは常に清潔を心がけなければなりません。

バッチフラワーレメディを直接飲むことに抵抗がある場合は、食べ物に混ぜて飲むこともできます。食べ物はどんな物でもよく、例えば飲み物なら、冷たいものや熱いものでも混ぜることができます。牛乳やジュース、アイスクリーム、スープやお味噌汁などに混ぜれば小さなお子さんでも大丈夫でしょう。その他、コーヒーや紅茶、お酒にまで混ぜることができます。また、レメディは何に混ぜても、その効果は変わらないことも大きな利点です。

フラワーレメディの使い道はそれだけではありません。レメディは自然素材100%で無害なので何に混ぜても全く問題はありません。食べ物以外の物に混ぜて、効果的に楽しむ方法がいくつかあります。

お風呂
お風呂に混ぜれば、体全体にエッセンスのパワーが直接伝わってくる感じがします。リラックスできること間違いなしです。ストックボトルから10滴ほど入れましょう。トリートメントボトルのレメディでも使うことができます。お気に入りのレメディでかまいません。

シャンプー、リンス
傷んだ髪には「レスキュー」、清潔さを保ちたいなら「クラブアップル」がおすすめです。今使っているシャンプーやリンスの中にストックボトルから2〜4滴ずつ入れましょう。トリートメントボトルは、保存期間が短いので避けた方が良いでしょう。

化粧水
これも効果的です。普段使っている化粧水に、ストックボトルから2滴入れます。保存の面から考えて、トリートメントボトルのレメディは避けたほうがいいでしょう。疲れている肌には「オリーブ」、肌が荒れている時は「レスキュー」、ニキビ肌の人には「クラブアップル」、がおすすめです。

化粧水はどんなタイプの物にでも混ぜることができます。また、乳液やクリームなどに入れても良いです。驚くほど良い効果が期待できますよ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。