かわいいバッチフラワーレメディとは、英国人医師で細菌学者でもあったエドワード・バッチ博士によって1930年代に開発された自然療法。薬の力ではなく、野生の花や草木がもつ本質的なエネルギーで心と体を癒すというものです。「レメディ」という言葉は、直訳すると治療薬という意味ですが、「救済策」「解決方法」といった意味があり、元に戻すというニュアンスで使われています。バッチフラワーレメディは、私達の体が本来もっている免疫力を引き出すためにバッチ博士が作り出したものなのです。私達の心の奥底にある心の乱れを取り除き、体に起きている不調和を直すことが、本来の治療だというわけですね。何かとストレスの多い今、花や草木が持つ癒しの力を試してみたいと思いませんか。当サイトではバッチフラワーレメディの効果や使い方などをお伝えしたいと思います。

バッチフラワーレメディーのリスト

バッチフラワーレメディーは、38個のレメディがリストアップされています。一つ一つが特定の特性や感情の状態に向けられたものですが、これらはひとつだけを使ったり、組み合わせて使ったりします。フラワーレメディは7つのカテゴリーに分けられていますが、以下のレメディはそれぞれのカテゴリーに分類されることになります。すべて覚えるのは大変ですが、こういうものがあるということで、参考にしてください。

ヒヨドリバナ - 快活な面の後ろの精神的な拷問。
アスペン - 未知の物に対する恐怖。
ヨーロッパブナ - 不寛容。
ヤグルマギク - ‘いいえ’と言う無力。
セラトー - 自分自身の決定への信頼の不足。
チェリープラム - 譲歩している精神に対する恐怖。
セイヨウトチノキの芽 - 誤りから学ぶ失敗。
チコリー - 利己的で、所有欲の強い愛情。
クレマチス - 贈り物の中で働かずに未来を夢見る。
野生りんご - 浄化レメディー。自己嫌悪のためにも。
ニレ - 責任によって圧倒されている。
リンドウ - 妨げの後の落胆。
ハリエニシダ - 絶望と絶望。
エリカ - 自己中心と利己主義。
セイヨウヒイラギ - 憎悪、妬み、および嫉妬。
スイカズラ - 過去に生きる。
セイヨウシデ - 遅延(何かをする考えの疲労)。
ホウセンカ - 性急さ。
カラマツ - 信用の不足。
みずほうずき - 知られている物に対する恐怖。
マスタード - 深く、理由もなく陰気になること。
オーク - 極度の疲労の地点を通り過ぎて歩き続ける地味な努力家。
オリーブ - 精神的な、または肉体的な努力に伴う極度の疲労。
西洋ぶどうの花 - 有罪。
ベニバナトチノキ - 愛する人の幸福のための過剰な心配。
はんにち花 - 恐怖と恐怖。
岩清水 - 自制、頑丈、および自我抑制。
スクレランサス - 選択肢から選ぶ無力。
オオアマナ - ショック。
くり - すべてが試されて、残された光が全然ない時の極端な精神的な苦悶。
クマツヅラ - 過剰な熱狂。
西洋ブドウ - 優越と不屈。
クルミ - 変化と望まれない影響からの保護。
ウォーターバイオレット - プライドと冷淡。
西洋トチノキ - 望まれない考えと精神的な議論。
スズメノチャヒキ - 生活における自分の方向の不確実性。
カニナバラ - 漂流、辞任、冷淡。
ヤナギ - 自己憐憫と憤慨。

※リストの出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。