かわいいバッチフラワーレメディとは、英国人医師で細菌学者でもあったエドワード・バッチ博士によって1930年代に開発された自然療法。薬の力ではなく、野生の花や草木がもつ本質的なエネルギーで心と体を癒すというものです。「レメディ」という言葉は、直訳すると治療薬という意味ですが、「救済策」「解決方法」といった意味があり、元に戻すというニュアンスで使われています。バッチフラワーレメディは、私達の体が本来もっている免疫力を引き出すためにバッチ博士が作り出したものなのです。私達の心の奥底にある心の乱れを取り除き、体に起きている不調和を直すことが、本来の治療だというわけですね。何かとストレスの多い今、花や草木が持つ癒しの力を試してみたいと思いませんか。当サイトではバッチフラワーレメディの効果や使い方などをお伝えしたいと思います。

フラワーレメディを選ぶ

バッチフラワーレメディには、多くの種類があります。正直、最初はどれを選んだら良いのか分からないです。

レメディのスペシャリストである「プラクティショナー」に選んでもらうのが一番早いのでしょうが、自分でレメデイを選びたいという人は、まずは自分のことを知ることから始めましょう。

まずは、下の事柄を紙に書いてみましょう。

・自分で思う自分の性格
・人から言われる自分の性格
・自分の小さい時の性格はどんなものだったか
・ストレスを受けた時、どのように対応するか


紙に書かなくても、頭で分かっている事柄ばかりだと思いますが、実際に書いてみると冷静に整理することができます。

自分の性格を整理できたら、自分が今、対処したいと思う感情を思い浮かべます。

否定的な感情や嫌悪を感じている感情、自分では対応できなくて困っている感情など、いろいろな感情があると思いますが、自分の中で強いと感じるものから、順番に思い浮かべてみてください。これも紙に書き出すといいでしょう。

対処したい感情が分かったら、いよいよレメディ選びです。自分に合っていないレメディを選んでしまったとしても問題ありません。レメディは薬ではないからです。間違えて選んでしまっても体には悪影響はありません。感情に変化が起こらないだけです。あまり神経質にはならずに気楽に選んでみましょう。

バッチ博士は、否定的な心の状態に合わせて、フラワーレメディを7つのカテゴリーに分類しています。
レメディを選ぶ時には、この分類表を是非参考にしてみましょう。

フラワーレメディの7つのカテゴリーとは、
1、恐れと不安
2、内心の不確かさ
3、淋しさ・孤独
4、現実の事態への無関心
5、人や周囲に敏感すぎる
6、失意と絶望
7、他人のことを気にし過ぎ

です。

各カテゴリーのレメディについては順次まとめていこうと思います。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。